LITTLE LEAGUE KANSAI

リトルリーグとは



1939年6月、アメリカ合衆国ペンシルバニア州ウィリアムスポートでカール・ストッツが中心になって地元の少年12人が少年野球団を結成されました。

初めは、9歳から12歳までの少年で作られた3チームの小さな団体でしたが、その後、1947年に第1回の世界選手権(リトルリーグ・ワールドシリーズ)が開始されました。

正式な団体として成立されたのは1964年7月16日で、当時のアメリカ大統領リンドン・ジョンソンの署名によって連邦政府認可の法人となりました。

リトルリーグの世界本部 は前述のウィリアムスポートにあります。

2003年度の加盟国・地域数は、105ヶ国・地域となり、選手数は270万人、ボランティア数は100万人に上ります。

日本では1955年ごろ、東京都近郊にある5-6リーグでスタートし、1964年にリトルリーグ生誕25年を記念し、日本リトルリーグ協会(現・財団法人 全日本リトル野球協会リトルリーグ委員会)が設立され、1970年から三井物産、フジサンケイグループの支援で全日本選手権大会(1967年創立)などの全国大会を協賛していただくようになり、現在に至っています。